1. お知らせ
  2. 精神保健指定医(常勤)が入職いたしました

お知らせ

精神保健指定医(常勤)が入職いたしました

2017年12月11日

11月1日より当院に精神保健指定医、安西 崇先生(精神科)が入職いたしました。

~新入職常勤医師ごあいさつ~

 担当    精神科

 資格    精神保健指定医 日本医師会認定産業医

 所属学会 日本精神神経学会

        日本アルコールアディクション医学会

 この度、本院に勤務することになりました、安西と申します。

 産婦人科医であった祖父が、患者さん一人ひとりを丁寧に診ていた様子を、今も思い出します。

 航空会社勤務の父親が家をあけることが多く、私と弟はよく、祖父の家に連れられ、そうした診察の様子に接する機会が多かったです。

 祖父からの病気の話を聞いているうちに、祖父に憧れ、自然に医師を目指す気持ちは高まりました。

 最初は私も弟も産婦人科医を目指したのですが、研修医時代にその大変さを痛感しました。母子ともにケアしなくてはならず、産まれたら終わりというものではありません。

 そのような疲弊した自らの心身に、精神科教授の言葉が救いになりました。それまでの張り詰めたものが解放された時、精神科の魅力を感じました。

 世間はストレス社会で、人間関係、生活環境、経済状況などストレス要因は多岐にわたります。

 精神的不調は、周囲からの理解が得られにくく、孤独と諦めを感じている人は、少ないです。

 精神科医は患者さんの症状に合った薬を出すだけの医者という認識の人々を見かけますが、私は薬物療法が全てではないと思います。

 言葉ひとつで、患者さんやご家族が救われ、信頼関係を築くことがあり、必要とされる医師であると認められるのです。

 精神科は患者さん一人ひとりの人生と向き合う科です。特に認知症医療は、最期の看取りまでも視野に入れるものです。

 微力ですが蓮田よつば病院の一スタッフとして、

「大切な人にすすめられる病院」の為に努力したいと思います。

 よろしくお願いします。

          蓮田よつば病院 精神科  安西 崇


このページの先頭へ